カンボジアのホットな話題をお届けする情報サイト | スオスダイ・クマエ

[カンボジアニュース] GDTが納税の透明性を高めるために固定資産税のQRコードシステムを開始します!

カンボジア時事ニュース

3月25日付け「クメールタイムズ紙」経済財務省の税務総局は、不動産部門の納税の透明性を強化することを目的として、納税済みの不動産にラベルを付けるシステムを確立していますと報じられました。

つまり、税務総局は、QRコード管理システムを立ち上げ、登録された住宅ごとにQRコードを作成し、開発者からそれらの住宅を購入したい顧客に、それらの不動産がすでに固定資産税を支払われているかどうか、登録されているかどうかを明らかにします

 

Property tax QR Code system to strengthen tax payment transparency - Khmer Times
The General Department of Taxation of the Ministry of Economy and Finance is establishing a system to label tax payment-paid properties, aimed to strengthen tax...

 

投資家によって開発されたすべての不動産は、それらの不動産が新しい所有者に譲渡された後、皆にとって簡単な固定資産税の支払いとしてマークされます。

投資家が固定資産税を支払うと、税のQRコードを受け取ります。まだ支払われていない場合、それらの物件や家は、所有権の譲渡や売買取引を行うことはできません。

そして、企業が税金を払わず、税金のQRコードを持っていない場合は、企業がボレイ、家を建てるときに、財産管理システムを設定し、売り切れたら所有権を譲渡することはできません。

Kong Vibol長官によると、プロパティマネジメントシステムは4月か5月に開始される予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました