カンボジアのホットな話題をお届けする情報サイト | スオスダイ・クマエ

[カンボジアニュース] カンボジアはキャピタルゲイン税の実施を2024年に延期しました!

カンボジア生活お役立ち情報

4月16日付け「クメールタイムズ紙」によりますと、カンボジアは、税務総局(GDT)が発行した通知4577を通じて、キャピタルゲイン税の実施は2024年1月1日に正式に延期しましたと報じられました。

 

Cambodia delays Capital Gains Tax to 2024: Impact for businesses and individuals - Khmer Times
Cambodia has officially delayed its planned implementation of capital gains tax to January 1, 2024, through Notification 4577 issued by the General Department o...

 

この決定は、「新しい正常な2021年から2023年にCOVID-19と一緒に暮らすという文脈での経済回復のための戦略的枠組みとプログラム」を通じて、パンデミック後の経済成長を促進するという政府の新しいビジョンを支持するものですと述べました。

 

プラカス346により、キャピタルゲイン税は当初、プラカス346の発行により、2020年7月に実施される予定でした。これにより、居住者および非居住者の納税者が受け取るキャピタルゲインは、20%の固定税率で課税されます。 これは2021年1月まで延期され、その後再び2022年1月に延期された後、政府は最終的に2024年の期限を決定しました。

 

そして、プラカスでは、資産の売却価格と資産が最初に取得されたときの初期費用との差額に基づいて課税されます。 ただし、GDTは、示された価格が市場価格よりも低いと見なした場合に、資産の販売価格を決定する権利を留保します。

 

キャピタルゲイン税の計算方法は2つのメカニズムがあり、納税者はどちらの方法が最も適しているかを自由に選択できます。

  • 決定ベースの控除
    納税者は収益の80%を受け取り、それを全体の売上高から差し引きます。 それから、差し引いた差額に対する20%税率を計算し、課税します。 この計算は、市場で安く購入し、高く売りたいと考えている不動産所有者に適しています。
  • 実際の費用ベースの控除
    納税者は総売上高を取り、売り手が負担した費用を差し引きます。 それから、差し引いた差額に対する20%税率を計算し、課税します。この費用は、登録税、手数料、コンサルティング料、購入費用、広告などが含まれます。

 

経済は2021年に回復し、企業と人々の収入を保護することを目的とした多数の政府のインセンティブ、成功した全国予防接種キャンペーン、およびタイムリーな封鎖により、3%の成長が見られました。 Asian Development Outlook(ADO)2022レポートによると、カンボジアの経済は、主に強力な商品輸出により、2022年には5.3%、2023年には6.5%の成長が見込まれていますとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました