カンボジアのホットな話題をお届けする情報サイト | スオスダイ・クマエ

[カンボジアニュース] カンボジアの経済財務省がシェムリアップのマスタープラン(2021年~2035年)は正式に発表されました!

カンボジア時事ニュース

11月3日付け「クメールタイムス紙」によりますと、カンボジアの経済財務省がシェムリアップのマスタープラン2021-2035を正式に開始し、計画を展開され続けています。この計画の実施は、シェムリアップとその周辺地域を、高額の観光客に焦点を当て、アンコールワット寺院群への悪影響を最小限に抑えながら、より幅広い観光客に対応できるようにするために今年から始まりますと発表されました。

 

Key locations to be developed in new Siem Reap Master Plan - Khmer Times
The plan to reopen Cambodia continues to unfold with the Ministry of Economy and Finance officially launching Siem Reap’s Master Plan 2021-2035.

 

シェムリアップマスタープラン(2021〜2035)は、これらのメカニズムの1つであり、 シェムリアップは、王国の観光ジェネレーターとして広く知られており、 2019年、カンボジアの観光業は49億米ドルの収益を生み出し、約63万人の雇用を直接生み出し、GDPの12.1%に貢献しました。

新しいマスタープランは、活動を活性化するために観光客がより長く滞在し、シェムリアップとその周辺のより多くの場所を訪れるように誘う観光サーキットを作成することの重要性を強調しました。

 

マスタープランにおける目的地:

ジャヤーヴァルマン-ノロドム「プノンクーレン」国立公園

プノンクーレン国立公園の開発戦略は、両方をホストする資格のある、信仰、宗教、自然、冒険、そして研究の目的地になることです。

 

バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイは観光トランジットルート上にあるため、この地域は観光客の流れを利用する必要があります。 さらに、バンテアイ・スレイのすべての観光名所には、さまざまな程度の農業が含まれています。 これら2つの要素を組み合わせることで、ヨーロッパ、日本、韓国の観光客に人気のある観光サーキット(アグロツーリズムと農村観光)に良い機会がもたらされます。

 

アンコールヘリテージサイト

アンコールヘリテージサイトは、このエリアを改善するための戦略として観光客の流れの管理、アンコールヘリテージサイトの環境保護、およびサイトのガバナンスの強化を中心に展開されます。

 

トンレサップ湖エリア

シェムリープマスタープラン(2021年~2035年)は、5つの主要な目的地、すなわちチョンクネアス(プノンクロム近郊)の観光コミュニティ、自然を拠点とするボウンピーレインのエコツーリズムコミュニティの統合を通じて、トンレサップでの観光商品の開発を計画しています。

 

新しいシェムリアップの観光地

この新しいシェムリアップの観光地は、豪華なホテル、ゴルフコース、テーマパーク、テクノロジーパーク、国際医療センター、観光商業センター、国際展示センター、セカンドホームセンター、スタジアム、文明博物館、住宅地のハブとなることを想定しています。

また、世界クラスの観光地に変身し、観光客に良い思い出を提供するというシェムリアップの観光開発目標を達成するために、シェムリアップ市は魅力を高め、改善し、観光客を提供する上で主要な役割を果たしますとのことです。

 

元の記事へのリンク:

Key locations to be developed in new Siem Reap Master Plan
Implementation of the plan begins this year to turn Siem Reap and its surrounding areas to cater to a wider range of tourists, with a focus on high-spending tou...

コメント

タイトルとURLをコピーしました