カンボジアのホットな話題をお届けする情報サイト | スオスダイ・クマエ

[カンボジアニュース] ABA銀行はプノンペンの新しい空港に資金を供給するために債券を購入しました!

カンボジア時事ニュース

2021年12月16日付け「クメールタイムス紙」によりますと、ABA銀行は、プノンペンの新しい国際空港の建設を支援するために、デチョー国際空港建設会社の発行した債券を3,000万ドル購入しましたと報じられました。

 

ABA buys bonds to fund Phnom Penh’s new airport - Khmer Times
ABA Bank is helping fund construction of Phnom Penh’s new international airport. It bought million in bonds issued by Techo International Airport Constructi...

 

この債券は、3年間で5.5%の年利を支払い、OCICによって保証されています。

 

ABA銀行(Advanced Bank of Asia Limited)は、2021年12月14日に、海外カンボジア投資公社(OCIC)とカンボジア空港投資株式会社(CAIC)と新しい空港の建設を支援するためにデチョー国際空港建設会社への投資調印式を行われました。

 

デチョー国際空港プロジェクトは、2,600ヘクタールの土地に建設されており、主にカンダル州のカンダルスタン地区にあり、一部はタケオ州のバティ地区にあります。2025年までに完成する予定で、現在は、28%完了しており、推定費用は15億ドルですと述べました。

 

2021年12月9日に、カンボジアのフンセン首相は、デチョー国際空港を建設しているカンボジア投資港(CAIC)の債券の購入を支援するよう、国内外の銀行や金融機関に呼びかけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました