カンボジアのホットな話題をお届けする情報サイト | スオスダイ・クマエ

[カンボジアニュース] イオンがカンボジアで国際物流事業に参入します!

カンボジア時事ニュース

1月8日付け「クメールタイムス紙」によりますと、日本のトップ小売業者であるイオンは、東南アジアの貿易の増加と国境を越えた電子商取引に惹かれて、カンボジアで国際ロジスティクスサービスと輸入保管センターを提供しますと報じられました。

 

Cambodia to be ASEAN logistics hub for Japan retailer Aeon which has two malls operating, another under construction - Khmer Times
Top Japanese retailer Aeon will offer international logistics services in Cambodia, drawn by Southeast Asia's rising trade and cross-border e-commerce as the co...

 

子会社のイオンモールは、シアヌークビルの南港近くの経済特区に約3万平方メートルの物流センターを建設する予定で、2023年度に事業を開始し、輸入保管、通関、国境を越えたオンライン小売のサポートを提供すると述べました。

 

物流センターにはカンボジア初の保税倉庫があり、輸入業者は関税を支払うことなく海外からの製品を保管してから通関手続きを行うことができます。企業は一定期間そこに大量の商品を残し、必要に応じて徐々に撤退し、その時点で該当する関税を支払うことができます。

 

このような施設の需要は、サプライチェーンの効率を高め、コストを管理する方法として世界中で高まっています。

カンボジアの経済はこれからもますます発展していくと期待しますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました